So-net無料ブログ作成

デュオミュゲ終了 [チェンバロ]

8月26日に無事デュオミュゲの公演を終えることが出来ました。
「のびのびと弾いてたね」と感想をいただき、やっぱり好きなレパートリーだと「顔に出ちゃう」のかなと思いました。

クープランの2台のための曲は、10年前に弾いた時よりテンポを変えました。
最近の私は、どんな曲でもあまり速く弾けなくなってきました。
指はまだそこそこ回ります~。でも楽譜を読んで、調性の変化を見つけたり、間を取りたい場所を見つけると、素通りができなくなりました。なので昔みたいに勢い任せでただ速く弾くことはないです。

ル・ルーも以前弾いた時より味わいが増し、スルメのようにかみしめて弾きました。

弾き比べると、ラモーはやはり華やか!
めんどりが好評でした。2人でにわとりのやりとりを再現したので、私は頭の中で
「庭には二羽にわとりがいる」とつぶやいていました。
1 (42).jpg
白黒のレースでリンクした衣装。ロングタイトスカートで大人っぽいかな~と選びました。

1 (50).jpg
お客様の中には久しぶりに会った幼稚園の同級生、大学ピアノ科で同期だった友人も来てくれて、嬉しいひと時でした。

次のデュオ・ミュゲでは何も取り上げようか、今から企画中です。
今後もどうぞよろしくお願いします。

★今回のプログラムです。

フランソワ・クープラン
F.Couperin 
クラヴサン曲集より Pièces de Clavecin
2台のクラヴサンによるアルマンド、ジュイエ、レティヴィル、
ショワジのミュゼット、タヴェルニのミュゼット
Allemande à deux Clavecins,
La Julliet, La Létiville, Muséte de Choisi, Muséte de Taverni



ジャン・バティスト・フォルクレ J.-B.Forqueray
クラヴサン曲集より Pièces de Clavecin
コタン、クープラン、マンドリン
La Cottin, La Couperin, La Mandoline
(中村恵美ソロ)



ガスパール・ル・ルー G.Le Roux
クラヴサン曲集より Pièces de Clavessin
プレリュード、アルマンド・グラーヴ、クーラント、シャコンヌ
Prèlude, Allemande Grave, Courante, Chaconne



フランソワ・クープラン F.Couperin
諸国の人びと 第一オルドル「フランス人」
Les Nations  Premier ordre  ”La Française”
フランス人、アルマンド、第一クーラント、第二クーラント、
サラバンド、ジーグ、シャコンヌまたはパッサカイユ、ガヴォット、メヌエット
La Française, Allemande, Première courante, Seconde
courante, Sarabande, Gigue, Chaconne ou Passacaille, Gavotte, Menuet



ジャン・フィリップ・ラモー J.- Ph. Rameau
クラヴサン曲集より Pièces de Clavecin
溜め息、ソローニュの雛鳥とドゥーブル(及川れいねソロ)
めんどり、未開人たち
Les Soupirs, Les Niais de Sologne
1er&2d Double des Niais,
La Poule, Les Sauvages


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デュオミュゲ 2台チェンバロの調和Vol.5  [チェンバロ]

 中村恵美さんとのチェンバロデュオのコンサートを久しぶりに行います。
今まで積み重ねてきた私たちのレパートリーの中から、大好きなフランス音楽だけを選びました。
久しぶりに弾く曲もあるので、新しい解釈で前より進化した演奏ができると思います。
また、クープランの有名な室内楽曲「レ・ナシオン」から「フランス人」の2台チェンバロバージョン、それぞれのソロも演奏します。
いつも何となく衣装を二人で合わせているのですが、今回はいわゆる「お姫様ドレス」ではないものを着てみようと思っています。結成10年、二人ともすっかりオトナなのでね~(^^♪

真夏の夜にぜひぜひ!お出で下さい。

デュオ・ミュゲ(中村恵美&及川れいね)2台チェンバロの調和 Vol.5
~2台のチェンバロで楽しむフランスバロック~

日時:2016年8月26日(金)
開場18時半 開演19時

会場:東京オペラシティ3階 近江楽堂

入場料:前売り3500円 当日4000円

チケット取り扱い:
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
カンフェティチケットセンター 0120-240-540

お問い合わせ:
森音楽事務所 03-6434-1371(平日10時半~18時)

後援:株式会社インフォメーション・ディベロプメント

プログラム:
F.クープラン 2台のクラヴサンのためのアルマンド
「諸国の人々」よりフランス人
G.ルル― 組曲ヘ長調
J.-P.ラモー 未開人たち(2台チェンバロバージョン)

0826.jpg

0826裏.jpg


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

夏祭りでチェンバロ [チェンバロ]

先日、目黒区の夏祭りのイベントで、クラシックコンサートに出演しました。
めぐろ市民コンサート以来、練馬の市民コンサートやお寺での公演などで共演した、日フィルメンバーの方たちと久しぶりにご一緒することができました。
IMG_9295.jpg

IMG_9298.jpg
アイドルやゆるキャラも出演。
チェンバロ設置のため舞台袖で待機してました。

IMG_9299.jpg
お祭りということで衣装は浴衣です。

IMG_9300.jpg
浴衣でヴィヴァルディ「夏」のヴァイオリンソロを熱演した山田千秋さん。

お客さんの反応も良かったし、私たちも楽しく演奏できました。
1回だけではもったいないとのことで、秋に同じメンバーでどこかで再演することになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


IMG_9313.jpg
もーさんの練習に大活躍しているヴァージナル。
長らくチェンバリストのHお姉さまに預かっていただいてましたが、この度うちで引き取ることに。
黒猫ロンロンの重みで蓋がたわみがち。乗らないで・・。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4月、5月 [チェンバロ]

FullSizeRender.jpg
遅ればせながら、4月末のコンサートの写真です。
DIVAたちと一緒に。

2016-05-23_084506000_0B743_iOS.png

このコンサートでは、フランス語の歌詞にどれだけ寄り添えるかを考えながら演奏しました。
人様には絶対聴かせられませんが、家では歌のパートを歌いながら通奏低音を練習してます。
使用した楽譜の中には手書きのものもあり、達筆で解読不能な箇所がありました。前後の単語からなんとなく意味を想像し、後で詳しい人に教えてもらいました。音楽を理解するためにもフランス語はもっともっと勉強しなくては!
今回は全音から出版されていた(絶版)「フランス古典歌曲集」からいくつか曲を選んだのですが、
リハ中に明かな間違いを見つけ、オリジナルの楽譜と突き合わせて訂正し、演奏しました。
楽譜から作曲者の意図を読み取る作業は、暗号解読みたいで面白いです。


楽譜の話が出たので、こちらをご紹介します。

2014年にハンガリーの図書館で発見された、あの有名なトルコ行進曲付きソナタの自筆譜に基づく楽譜です。全音からつい先日発売となり、編集を私の師匠が行っています。
今まで当たり前のように弾いていた「あの音」が実は違っていた、という発見があります。
それ以上に、この版はチェンバロ・フォルテピアノ奏者である私の師匠が編集をしているということで、
現代のピアノの運指に慣れている方にとっては、ビックリするような指使いが用いられています。
チェンバロ奏者は古い指使いを皆学ぶので、あまり違和感は持たないのですが、これをピアニストの方に受け入れてもらえるかな~と、部外者ながら少し心配になってしまいます。
でも歴史を考えると、チェンバロからフォルテピアノに移っていった時代、指使いも当然その前の時代から継承されたわけです。モーツァルトが作曲した当時の奏法、運指を再現した方が、その曲の本来の姿により近づくことができます。
多くの人が手に取る機会が多い全音のシリーズから、このような楽譜が出版されたことは、とても画期的だと思いました。子供のピアノの発表会で弾かれることが多いこの曲。これからの子供たちがこの楽譜を使ってくれたら、どんなに素晴らしいだろうと思います。
1080円とお安いので是非ご購入を。解説もかなり読み応えがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
5月は日本チェンバロ協会主催行事「チェンバロの日!」が行われました。
私も委員としてお手伝いに向かいました。
IMG_8612.JPG
かやの木山氏から写真を拝借

IMG_8617.JPG
ペーパークラフトでチェンバロを作ろう、のコーナー。

IMG_8625.JPG
和室に合いますね。正座して演奏したい。

IMG_8623.JPG
コーヒー通の大御所チェンバリストO先生が淹れて下さったコーヒー。
チェンバロカフェは大盛況でした。

私は今年で委員の任期を全うしたので、来年は一観客として楽しむつもりです♪

・・・・・・・・・
IMG_8441.JPG
オワゾリール東京店にて試奏。
山梨古楽コンクールに合わせ、普段は大阪にある楽器達が一時東京に集まりました。
やはりこの楽器が一番好きなので、家に一台お迎えするのが夢♪(たぶん叶わない)

・・・・・・・・・・・・・・

IMG_8653.JPG
最後に。
こちらはいつも一緒に演奏しているフルート奏者・藤田真頼さんのお父上の絵です。
どこに飾られているかというと、実は桐ケ谷斎場です。
この場所に故・藤田忠夫さんの絵が飾られているとは前から聞いていたのですが、なかなか行く機会がなく、かといって場所柄わざわざ見に行く訳にも行かず・・・。
先日叔父が亡くなりこちらへ行くことになったので、待ち時間にじっくりと絵を拝見しました。
20枚くらい壁一面に飾れていて、どれも人生の旅路や心の平安を感じさせるものでした。
また見たいけど、でも見るためには必ず悲しみが伴うので、とても複雑な気持ちです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4月のコンサート [チェンバロ・音楽]

Vertumne et Pomone フランス古典歌曲集
2016年4月28日 19:15
東京オペラシティ3F 近江楽堂
12473745_937651289645621_1068484065255795059_o.jpg

ニコラ・ベルニエの劇的カンタータ『ヴェルトゥムヌスとポモーナ』と、フランス音楽の声楽レパートリーとして避けては通れない古典歌曲から、リュリとその同時代のオペラを中心にしたプログラム。
もちろん当時の楽譜から、ヴェルサイユのサロン(appartement)での演奏をイメージしたアレンジで楽しんでいただきます。

 【出演】東伸美&堀万里絵(歌)、阿部まりこ(ヴァイオリン)、
 及川れいね(クラヴサン)、中山真一(バス&パルドゥシュ・ド・ヴィオール)

 【曲目】
ニコラ・ベルニエ, カンタータ «Vertumne et Pomone »
ジャン=バティスト・リュリ, 歌劇« Atys »より
第1幕 二重唱 « Atys est trop heureux »
第3幕 アリア « Espoir si cher et si doux »
アンリ・デマレ, 歌劇« Venus et Adnis »より アリア « Lieux écarté »
ミシェル・ランベール, « il nest point d'amour sans peine »
ほか

全自由席 3800円
チケット前売り:東京オペラシティ・チケットセンター 03-5353-9999
予約・お問い合わせ:アルモニア・グラーヴェ・エ・ソアーヴェ 070-1376-2573 harmoniagraveesoave@hotmail.com
またはフェイスブックメッセージでも

協賛:
Tokyo Apartments tokyora.com
篠崎バイオリン工房 www.shinozakiviolin.com


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2.3月 発表会やコンサート [チェンバロ]

2月末、自宅で「おさらい会」を行いました。
発表会を重ねるごとに生徒さん達が上達されているのを感じるので、とても嬉しいです。
みなさんそれぞれ素敵な表現力を持っていて、音がカラフルです。私は一観客として心から楽しませていただきました。
3台使用して、迫力のバッハの2台コンチェルト。
image.jpeg
終わった後は、お楽しみのお茶会です。
image.jpeg
Kさんが焼いてくださったガトーショコラ、おいしかった[ぴかぴか(新しい)]
おしゃべりにも花が咲きました。
次回の発表会に向けて、新しい曲に取り組みましょう!

次の週。
天王洲にオープンした「スタジオグイド」にチェンバロが常設されることになり、縁あってそのお披露目ミニコンサートで演奏しました。
image.jpegimage.jpeg
なんと、マルク・デュコルネのフレンチチェンバロです。語彙が乏しくて申し訳ないのですが、素晴らしい楽器です。
軽い気持ちで楽器に向かうと、跳ね飛ばされてしまいそうなパワーを持っています。低音から高音まで、全ての音が輝いていて、同時にまろやかでもあります。
1時間半ほどリハーサルして、ようやく自分の出したい音色を出せるようなりました。
コンサートはお客様にも喜んでいただけたそうで、「お披露目」の肩の荷がおりました。

そして今週。
image.jpeg
またまたイタリアンチェンバロを車で運んで、フルートのサロンコンサート。
ついにチェンバロを1人で梱包できるようになりました(笑)。さすがに車まで運ぶのは人手がいるのですが、それも台車さえあれば1人でできそう。。
この日はバッハやクープランなどのバロックだけでなく、ラフマニノフにラヴェルまで(!)チェンバロ伴奏で演奏しました。最初はそんな無茶な、、と思いましたが、ちょっと工夫(アレンジ)するだけで大丈夫でした。バロックものには出てこない響きが新鮮でしたし、チェンバロはピアノに比べてフルートとの音量のバランスが良い(と私は思う)ので、こういうのもアリ!と新しい発見をすることができました。

 

nice!(0)  コメント(0) 

伴奏やミニコンサート [チェンバロ]

寒い日が続いています。
私は季節の変わり目によく風邪をひくのですが、いざ真冬になると超厚着をして過ごすので元気です。
寒い朝、こどもを幼稚園へ自転車で送ることも慣れました。
IMG_7688.JPG
アンパンマンの特徴をとらえて描けるようになりました。

先日友人のリコーダー奏者の門下生の方たちの「通奏低音と演奏して楽しもう♪」という会のお手伝いをしました。
IMG_7613.JPG
ガンバは重鎮がお二人。音の厚みがすごい迫力でした。。

別の日は、車にチェンバロを積んで水戸へ行きました。
IMG_7674.JPG
去年も同じ場所で演奏しました。
今年はアンサンブル・バロック・レジーナの3人で、慣れてるレパートリーを数曲。
お客さんが楽しんでくださったようで、嬉しかったです。

IMG_7672.JPG
亡き画伯の愛猫、こまこちゃん。

ところで、私が冬に食べたいもの→生牡蠣。
ご近所の魚屋さんで新鮮なものが手に入ります。
体調を万全に整え、ウィルスにやられないよう祈りながら・・・
FullSizeRender.jpg
おいしかった~~!そして、お腹は無事だった!


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1月 [つれづれ(日記)]

新年あけましておめでとうございます。
今年も皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

12月~1月まで、娘の長い冬休みがあり、私はほとんどチェンバロを練習できずにいました。
今日から幼稚園が始まり、やっと今年の「弾き始め」ができました。
今年も「アンサンブル・バロック・レジーナ」や、フランス音楽の演奏会、伴奏のお仕事などをいただいてるので、自信を持てるまでしっかり練習して本番を迎えるよう努力します。

冬休み中は、お友達や家族のクリスマス会、お正月の集まりなど色々とイベントがあり、
娘は楽しくお休みを満喫したと思います。
2015-12-19 14.19.06.jpg 2016-01-01 11.52.47.jpg

年が明けて、もーさんが「ピアノをじょうずに弾きたい」と言い出したので、
ついにレッスンを始めることにしました。
ひらがなや数字がわかるようになったり、先生の言う事を聞く事ができるようになったので、
レッスンを始めるのに良い時期が来たと思います。
よく「ママが教えればよいのに」と言われますが、それは難しいです。特にうちの子は~(汗
幸いご近所に良い先生を見つけることができました。
もうすでに春の発表会が決まっています。果たして無事出演できるのでしょうか!?
2016-01-02 08.55.34.jpg娘が携帯アプリで描いた生き物。

・・・・・・・・

いちごの季節になったので、いちご狩りに行きたいなーと思っていたら、
区の広報でご近所に農園があることを知り、早速自転車で行ってきました。
近くでこんな楽しい体験できるなんで嬉しいです。
2016-01-10 10.58.36.jpg

2016-01-10 11.05.59.jpg
とっても甘くておいしかったです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11月の報告 [チェンバロ]

11月の福原先生の演奏会は、とても楽しく有意義なものでした。
ベテランの先輩方から教わることは多く、それは演奏だけでなく、音楽に対する真摯な姿勢はもちろん、人としての器の大きさにおいてもです。
私も優しくて立派なオトナになりたいです!
IMG_6796.jpg
リハ風景

IMG_6834.jpg
本番で使用したチェンバロ。ギタルラ社所有のケネディ作ミートケ。
弾いていると豊かな響きが身体にしみわたります。

IMG_6828.jpg
今回は十六弦の箏も登場しました。
出番が終わったら、楽屋外に無造作にたてかけてあってビックリ。
心配で見張りをしつつ、ふざけた写真を撮りました。触れてはおりませんのであしからず。

次回は3年後ということで、またご一緒できたら嬉しいです。


IMG_6948.jpg
こちらは、11月後半にリコーダーの発表会の伴奏をした時の
伊藤福一さんのチェンバロです。
和風な装飾が美しいですよね。


さてこちらはお弁当。初キャラ弁です。
IMG_6848.jpg
出来がイマイチな上に、海苔が本体にくっついていなかったようで、
蓋を開けたら顔がぐちゃぐちゃになってて泣いた、と本人からの報告(泣いたのかい・・)。
それ以来、キャラ弁のリクエストはなくなりました。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11月8日コンサート [チェンバロ]

直前のお知らせとなりましたが、11月8日、昼夜公演に出演します。
これまで2年おきにコンサートに呼んでいただいてる、フルートの福原信男先生の演奏会です。
私は、モーツァルトとC.P.Eバッハのフルートソナタ、テレマンコンチェルト、
サンマルティーニのトリオ、ヴィヴァルディのフォリアでチェンバロを担当します。
なんと箏も登場するので、ヴァラエティに富んだ音楽会になります!


福原信男 WITH FRIENDS ENSEMBLE

フルート福原信男 高久 進
箏 、17絃  大熊篤史 Sop. 奥脇 泉 Vag. 坪田一子 Cemb. 及川れいね 
 
日時  2015年11月8日(日) 14:30開演  
会場  【東京】東京オペラシティ・近江楽堂 
料金  \4,000 昼夜共通 \6,500 

曲名  モーツァルト/ソナタ F KV13 
J.S.バッハ/無伴奏パルティータ a BWV1013
ヘンデル/トリオソナタ g 他

お問合せ  村松楽器 新宿店  03 - 3367 - 6000  
  
15379.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。